一般チケット転売はできる?どこからが違法なのか注意点を調査!

人気のアーティストのライブのチケットは、手に入れるのが困難でSNS等で「チケット譲ります」等のツイートも多く見かけますよね。

ただ、一般販売のチケットは転売できるのかどうかいまいち分からない人も多いのではないでしょうか?

そこで、一般チケットは転売できるのか?

どこからが違法で、転売する際の注意点はあるのかまとめました。

一般チケットは転売できる?

一般チケットは転売ができます。

病気や用事が入ってしまい行けなくなってしまった場合は一般チケットの転売が可能となっています。

ただし、転売を行う場合は後述にある正規(公式)のリセールショップから手続きを行ってください。

一般チケットは転売できる?どこからが違法?

一般チケットは特別な事情に限り転売できることは分かりましたが、どこからが違法となるのでしょうか?

2019年にチケット不正転売禁止法が整理されたことにより、チケットの転売に関してはとても厳しくなっています。

違法な方法で転売を行ったことにより、逮捕者も出ています。

自分がそうならない為にも、必ず確認しておきましょう。

高額で転売した場合

定価で購入したライブの一般チケットを高額な金額で転売するのは違法となります。

そもそも、自分が行きたいと思って購入した好きなアーティストのライブのチケットを高額で転売し利益を得るような行為はアーティストにも失礼な行為です。

高額で販売されている一般チケットの購入自体も、やめましょう。

興行主の同意がない場合

興行主の同意がない場合は、転売することはできないので違法となります。

転売を行う際は、正規(公式)のリセールサイトから手続きを行ってください。

正規のリセールサイトは、興行主の同意を得た上で販売を行っているので違法とはなりません。

フリマアプリや、SNS等でのやりとりでの購入やダフ屋からの購入は興行主の同意が得られていないので販売・購入はしないでください。

転売行為を繰り返し行っている場合

転売行為を繰り返し行っている場合は違法となります。

フリマアプリやSNS等で常に「〇〇のチケットあります」と謳っているアカウントは、確実に転売行為を繰り返しています。

自分が行きたいと思って購入するというのが前提で、他人に転売をするという行為は本来あってはならないことです。

転売行為を繰り返すことはやめましょう。

くれぐれも、そういった転売を商売にしている転売ヤーからの購入はしないでください。

一般チケットは転売できる?注意点は?

一般チケットは特別な事情に限り転売できますが、注意点はあるのでしょうか?

どうしても行けなくなってしまった場合は、次の注意点を確認した上でリセール等を行うようにしてください。

本人確認のあるチケットは転売できない

ライブ会場へ入場する際等に、本人確認(身分証明書等の確認)が必要なチケットは転売できません。

最近では、アーティスト側も転売に関しては様々な対策を始めています。

本人確認書類等の提示を求めることで、不正に購入したチケットは利用できなくなります。

特に正規のリセールサイト以外からチケットを購入した場合、最悪の場合当日会場で入場できないこともあります。

チケットを定価以上で売らない

チケットを購入時の金額以上の価格で転売することは、チケット不正転売禁止法にあたるので売らないでください。

定価以上の高額な価格で転売することは、利益を得ることになるので違法となります。

一般チケットは定価以上で売らない・買わないが鉄則です。

一般チケット転売はできる?どこからが違法なのか注意点を調査!まとめ

一般チケットは、病気や急用など特別な事情に限り転売ができます。

もし転売をする際は、必ず正規のリセールショップから転売をしてください。

くれぐれも、フリマアプリやSNS等で定価購入よりも高い金額での転売は違法となりますので行わないようにしてくださいね。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました